DMPを活用して最適なタイムングかつ適切な広告とメッセージ発信

男性

Cookieを利用

IT

DMpは、データの管理を始め収集、解析といった多岐にわたるツールです。さらに、自社だけには足りない外の声を集めるツールとしても利用することが出来ます。それらは、パソコンなどのCookieによってデータが集められています。

詳細を確認する

DMPの大きなメリット

システム

インターネット上に蓄積された莫大なデータを、素早くより正確に細かく管理できるDMPというプラットフォームがあります。その性質上、マーケティングを行なう際効率よく行なうことが可能です。

詳細を確認する

導入を検討するポイント

女性

DMPは、自社にとってとても大きなメリットを与えるツールです。しかし、導入の際には目的やどのDMPを利用してペンダーを利用するかが大切になってきます。目的に合わせた、DMPの導入をすることが大切です。

詳細を確認する

DMPを活用する

スーツ

Data Management Platformという言葉を聞いたことがない人が多くいますが、これは省略してDMPと称されます。一般的な概念としては、オンライン上で集められた膨大なデータを一括に管理して、管理したデータを使い様々な場面に活用していくというものです。オンライン上の膨大なデータは自社で収集、解析といったことは可能であります。しかし、収集解析といったのは莫大な時間が掛かるのも事実です。DMPを導入することで、膨大なデータを一括管理することができ、解析をスムーズに行ない行動の予測等が行なえます。そのため、マーケティングのアプローチへ繋げることもできるので、とても有効的なDMPのシステムです。他にも、デモグラフィックデータと言われる消費者に属する行動データを分析することもできます。その機能は、webサイトにアクセスした記録やどのように行動したかなどの履歴を元に、適切な広告の配信やメールの配信をパーソナライズして配信を行なうためにデータの解析を行なうプラットフォームとなっています。

DMPは、大きく2種類に分けることができます。1つ目はパブリックDMPと言われるもので、様々なメディアにおいて消費者の行動データ、アクセスデータを解析し他社に提供するプラットフォームのことを指します。自社だけで情報を集めて、解析を行なうというのは限界があります。そのため、パブリックDMP所謂オープンDMPを利用することによって自社だけでは不足しているデータを補うことが可能となります。次に、プライベートDMPと言われるものがあり、自社のサイトやメディアだけで集めた消費者の行動履歴を管理することで、加工した解析データをアウトプットをすることが可能です。アウトプットされたデータを元にweb広告などのデジタルマーケティングやwebマーケティングにおいて最大限に生かすことが可能です。